紙袋は収納アイテムに早変わりする便利アイテム

知らず知らずの内に溜まっているものというのはいろいろあると思われます。

プリンなどが入っていたカップ、ジャムなどの空き瓶、包装紙やリボン等々、使えそうなものは取っておいてしまうことでしょう。

紙袋もその中の一つです。お土産やプレゼントをいただく際にもらったり、ショッピングをした際のショップバッグとしてももらうものです。お菓子屋雑貨や洋服屋さんなどのショップ袋はデザインも素敵なものが多く、捨てるのはもったいないと思う人が多いかと思われます。そうして知らず知らずの内にたくさんの紙袋を溜め込んでしまっているという状態になっているとも思われます。

そうしてたくさんの紙袋のストックがあるのに、肝心な使い道が思いつかなくて持て余しているだけという状態になっているのは非常にもったいないです。せっかくならば実用的なアイテムとして使うことをおすすめします。実用性のある紙袋の使い道とは、収納アイテムとして使う方法です。

例えば持ち手のついたタイプのものだと、何も手を加えずに部屋に散らばっているものやストックしているものを入れて壁にかけておくだけでも収納として役に立ちます。

デザイン性が優れているものであれば、物を入れて壁にかけるだけでも立派なインテリア収納になります。少し手を加えて、紙袋にインスタントコーヒーや砂糖、フレッシュなどのストックを入れてマスキングテープなどで口を閉じたり、中に入れているものの名前を書いて貼るという収納方法もあります。まるでお洒落なカフェのように細かいストックを見せる収納で整理整頓することが出来ておすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です